fbpx

加藤夏樹のお仕事ブログ

menu

 Marketingを語るのにちょうどいい日なんてありゃしない。

スゴいと思った男たち―~ブログ集客だって同様~

どーも。

夏樹です。

そんなワケで前の記事の続きな。

今回は、

二人ともある国プロ
(省庁のプロジェクト)

でいっしょに仕事をしたり、

今もしている「2人」の

スゴい男の姿から、

「共通点」を抽出してみた。

ひとりは、

プロジェクトの「運営」能力が

えらい高く、

もう一人は、

企画・プランニングがスゴい。

しかし、

実は共通点がある。

 

■1.思考が深い

早速ひとつ目だけど、

そもそも思考が深いんだ。

今、

自分は

マーケティング・プランナー、

コンサルとして、

多くの人たちと

接する機会を得ている。

そうした中、

「ああ、こいつ深いな!」

「すごく考えて作りこんでいるな!」

と感心するレベルといって

すぐに思い出せるのは、

先日ここでも紹介した

「薬を使わない薬剤師とーます」さんだ。

こちらが危機感を覚えるほど(笑)、

作りこんでいる。

それほど「稀」だということ。

たったひとつのコンテンツ、

たったひとつのサービス、

たったひとつの言葉、

それらをどれだけ

深く考えていけるか。

たとえばさ、

何かの商品の購入申込みフォーム。

なんのことはない。

ただの個人情報入力フォームだが、

それひとつとっても、

すんごい検討事項はたくさんある。

目に見える何気ない存在の

背後には、

相当な思考量が

そこにはあるわけ。

これが自然に息をする

ようにできる。

みんなはできるかい?

 

■2.24時間戦える

夜中の3時にメールのレス

が帰ってくる。

朝まで企画書を

作りこんでいる。

平日休日、

そこに区別はない。

そんな生活、

24時間戦えますか~の

歌じゃないけど、

それを地でいくみたいな。

必ず一度は

やれって意味じゃない。

ただこれをやろうと思うと、

自分の職務、

任務を愛さないと無理だ。

つまり、

本気であるということ。

生涯ずっと

そんなハードなのは無理だろう。

でも、そういうフェーズは

誰にでも必要だ。

とくに何か新しく

起業するとか、

売上倍増したいとか、

明確な目的を持つ人ならば。

そんな人生のフェーズが

絶対にいる。

そしてくぐりぬけねばならない。

一度オレがそんなフェーズで

燃え尽きそうになったとき、

上にあげた一人はサラっと

笑っていったよ。

「筋トレといっしょだよ。

 なに、すぐに慣れる(笑)」

■3.時間を投入できる

これ、2番と似てるけど、

ちょっと違う。

2番はとにかく膨大な

職務があり、

ある意味逃げずにいれば、

時間を投入せざるをえない状況だ。

3番は逆に、

そうでないときも、

主体的に自分の時間を

ブッ込んで取り組み、

考えつづけることができるか。

そういうフェーズだ。

実はオレ、

この単純な

「時間×思考量=成果」

というのに気付いてから、

気が楽になった。笑

周りがどんなにすごかろうが、

なんだろうが。

任務がどんなにタフだろうが、

なんだろうが。

人には個体差なんて

あまりないんだ。

「単純に時間と

 思考量が比例するだけじゃん」

と分かっちまった。

そして時間をかけると

必然的に思考量も増えるし、

思考量が増えると、

成果がどんどん異なってくる。

あとはPDCAを回していくだけだ。

みんなは、

どんな仕事で、

周りより一歩頭を

出そうとしてるんだい?

このメルマガを

読んでいる以上、

本業であれ副業であれ、

名ストリームであれ、

ニッチであれ。

そこで頭角をあらわす必要が

あるはずだ。

メッキじゃなく、

頭角を現す。

それは、

時間と思考量の積み重ねで、

誰でも出来ることなのだ。

オレはそう確信しているよ。

ま。そんな話さ。

━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━

今回の話は、

ともすればいささか根性論に

聞こえたかもしれない。

確かに半分はそうだろう。

でも、

本気だったら、

多少はきっとできると

思うんだけどね。

コピペだけでウン十万、

何もしないでウン百万、

そんな華々しい、

しかし中身のない言葉が飛び交う

ネットを活用する以上、

実はそんな「本物」であれば、

生き残るのは容易だとすら、

オレは思う。

ま。そんな話さ。

 

☆重要な追伸☆

本質的に売れるために欠かせない
【世界観】の意義や作り方、

集客に最適なブログを構築する秘訣は、
こちらからよくわかります。

今スグご一読ください!(^▽^)ノ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31