fbpx

加藤夏樹のお仕事ブログ

menu

 Marketingを語るのにちょうどいい日なんてありゃしない。

チャンスの扉はいつまでも開いてはいない。

どうも。夏樹です。

ちょっとシェアしたい話。

 

先日末、

おれのコンサルに申し込んだ人の話。

 

まぁ例によって、

これまで色々と自己流で学んだり、

セミナーいったりしていたとか。

ノウハウコレクターに

なっていたんだな。

 

で、どうしても、

自分の仕事のために、

起業して集客・販売まで

学べる塾系に行きたかったが、

お金の都合がつかなかったという。

 

そんなおれのメール講座も

受けたようだ。

そして最後に、

おれが相場の半値で

今やってるモンだから、

ものすごく悩んだんだと。

 

いざとなると引っ込み思案で、

無料コンサルすらも悩み、

三日のオファー期間が過ぎて

しまったという。

しかし、

後悔しているとき、

「三日すぎてもコンサルいいよ」

という一文をメルマガで

見つけて、

申し込んだ。

 

そして話しているうち、

5分とたたずに、

本サービスの申込みを決めたそうだ。

 

正直、おれもいつまで、

今の価格で今のコンサルを

提供するかわからん。

多分、

長くても今年度中だろう。

「今回の件で、

 チャンスの扉はいつまでも

 開いてないって気付いたんです」

とのこと。

なるほど。

欲しいと思ったとき、

それはもうない。

よくある話だ。

チャンスを見つけたとき、

それがチャンスと気付けること。

そして飛び込める、

一歩踏み出す勇気。

正直、おれとしては、

まずは無料の1回目のコンサル、

相場の半額感、

月額1万程度までの分割。

これ以上の後押しは、

今んところ思いついていない。

 

それでもダメなら、

縁がないと割り切っている。

ただ、いつだって人生を

変える人間は、

1歩ふみだし、

必要な行動をガムシャラに出来る人間だ。

そんな愚直さが、

変えてきた。

別にオレのサービスを買えとは

いわんよ。

コンサルタントとの相性だってある。

オレとは合わなさそうだと思うなら

仕方がない。

ただ、

オレのところでなくても、

本気で副業・起業してがんばって

いきたいなら、

どこかで一歩踏み出してくれ。

そのための勇気と、

やりぬく愚直さだけは持ってほしい。

オレの好きな『カモメのジョナサン』

にこんなセリフがある。

『夢を与えられる時には

 必ず実現する力も与えられる。

 しかし、

 そのためには努力しなければならない。』

おまいらの成功を祈ってるぜ。

ま。そんな話さ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31