fbpx

加藤夏樹のお仕事ブログ

menu

 Marketingを語るのにちょうどいい日なんてありゃしない。

どうも!
夏樹です。

“引き寄せる”ライティング

の続き。

前号では、

つまんないメルマガや

ブログを面白くするには

「キャラ」をたたせろと

書いた。

ふなっしーが立ちまくりなんで、
思わず今回の画像に使ってしまったが。(笑)

では今回、

キャラだちについて

もう少し掘り下げる。

よくこのテのコトを

書くマーケターの教えだと、

ブログやメルマガは、

ターゲットへのラブレター

と思って書けという教えがある。

たった一人を想定して、
(大抵は来て欲しい顧客
イメージ)

その人に寄り添い、

その人の悩みや欲求に

訴求するように

書き上げていく、と。

これはまだ半分だ。

だってさ、

幾ら自分にとって

都合のいい

メッセージが並んでる

ラブレターでも、

送り主がナニアレだったら、

嬉しさもなくなるだろ(笑)

そう。

同時に、

このメッセージを送る
^^^^^^^^^^^^^^^^
自分は何者だ?
^^^^^^^^^^^^

という意識。

送り手と受け手。
この双方向性が

意識されるとき、

単なるブログや

メルマガに、

世界観が付与され、

『物語』となる。
ちなみに、

引力マーケティングを語る

加藤夏樹は、
・戦略論

・マーケティング論

・神秘哲学
の三本柱でできてる

マーケティング・コンサルタントで、

ミッションは・・・

と自分に

意識づけするだけで、

そんなキャラの生きる

世界観、

生まれるメッセージに

色彩が帯びてくるのさ。

 

■編集後記

 

次回ももう少し

キャラクターについて

書いていきたいと思う。

しかしアレだね。

こんだけ言ってる

自分のキャラ立ちが

甘いとか言われたら

ヤだなーw

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930